大阪湾の恵みを守り、魚庭の海を育てる、大阪府漁業協同組合連合会
大阪府漁業協同組合連合会
魚庭マーケットネットショップ
トップページ大阪府漁連について大阪湾について大阪産(もん)についてお問い合わせ

TOP > 大阪湾について > 海底耕耘の風景

海底耕耘の風景



海底耕耘とは海底の堆積物をかくはんさせて、底質を改善しようとするものです。
上の写真は、スバルと呼ばれる機具で、海底のゴミを除去します。
3つめの先頭の船が、このスバルを引き、ゴミなどを除去していきます。



画像2が、耕耘桁(こううんけた)と呼ばれる機具です。
画像3の後ろの船が、この耕耘桁を引きます。



これが海底耕耘をしている漁船です。
この耕耘桁を引くことによって、海底に堆積したヘドロや泥などを拡散し、
酸素を供給することによって、生物の住みやすい海底に改善していきます。